Works

BACK

Heater 2010

mixedmedia

900×610×h550mm

「作品」が領土指標として機能することの提示。

温度という視覚化されないものを、動物の習性を利用して間接的に視覚化し、
発熱装置と動物が一緒になった状態を自分の領土指標として機能させること。
構造としては、ベルベットの布で覆われたオブジェクトの中にポリタンクが2つ入るようになっている。
様々な場所に設置できるように簡易で組み立てられるようにも作っている。

  • Statement
  • Works
  • Installation view
  • Text
  • CV / Contact